潤った肌にするには?保湿ケアには弱点がある?

 

◆肌の水分を蓄積するメカニズムとは

人間の肌には体を外部からの刺激や生活環境から守るための「バリア機能」が最初から備わっています。

肌の表面の部分は刺激から守る役目を果たすと垢として剥がれ、 新しい肌細胞へと循環しながら「バリア」の働きをしています。

この肌のバリア機能はただ外部からの刺激や有害物質から守るだけでなく

体内の水分が体の表面から蒸発していくのも防ぐ二重のバリアの働きをしているのです。

この肌のバリア機能がしっかりしている健康な肌状態であれば水分や油分を補うスキンケア商品もそこまで必要ありません。

▽人間の皮膚の仕組み

人間の皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」から構成されていて人間の肌の一番上になる部分の表皮には4つの層があります。

「角質層」は表皮の中でも一番肌に近い層で、その角質層は角質細胞、細胞間脂質、皮脂膜で成り立っています。

角質細胞には潤った肌の重要な要素となる「NMF(天然保湿因子)」が含まれています。

NMFは空気中や真皮から水分を吸収し肌に潤いを与える働きをしています。

角質細胞だけでなく細胞間脂質、皮脂膜も重要でこの3つのバランスが崩れると肌のバリア機能が低下してしまいます。

細胞間脂質が角質細胞を覆う事によって角質細胞が吸収した水分をキープすることができ、肌の表面に存在する皮脂膜が肌の水分が蒸発しないようにする働きをしています。

角質層を構成する3つの細胞が健康的に機能していれば水分の蓄えられた、潤いのある肌をキープすることが出来ます。

これらの皮膚組織がしっかり正常に機能していなければ高価な保湿ケア商品を使っていても効果が薄いんです。

肌の状態が悪ければみずみずしい感触があるテクスチャーの保湿化粧品や油分を補う化粧品を使ってもあくまで一時しのぎにしかなりません。

潤った肌に必要なのは肌や皮膚の仕組みを理解してNMF(天然保湿因子)を肌に与え細胞間脂質や皮脂膜のコンディションを整える事です。

◆保湿ケアにも知識が必要

▽潤った肌に必要な保湿成分

より効果的な保湿をするには肌や皮膚の仕組みを理解し、肌の一番表面にある角質層をケアする事が一番大事なのがわかりました。

どうすれば体内のNMF(天然保湿因子)を増やし、細胞間脂質や皮脂膜をケアできるのでしょうか?

NMF(天然保湿因子)は大半がアミノ酸でその他にピロリドンカルボン酸や乳酸塩などで構成されています。

成分の大半を占めているアミノ酸も1種類ではなく、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、アスパラギン酸、スレオニン(トレ二オン)などで構成されています。

化粧品の紹介欄を見るとこれらのアミノ酸の種類などが細かく表示されています。

アミノ酸が多い化粧品は保湿効果が高いと覚えておくのが簡単ですね。

細胞間脂質をケアするのに必要なのはセラミドという成分です。セラミドは細胞間脂質の約半分を占める大事な成分で

セラミド1、セラミド2、セラミド3という呼び方で7種類まであると言われています。

角質層は肌の表面の一番に存在しているのでアミノ酸やセラミドが含まれるスキンケア商品は直接肌に塗るだけで保湿効果が期待できます。

酵母を利用して人工的に作られたヒト型セラミドが含まれた化粧品は通常のセラミドよりも保湿力や浸透力に優れていてより効果的な保湿ができます。

潤った肌を手に入れるには科学的な知識も必要になってくるのがわかります。

▽保湿ケアで気を付ける事

ちゃんと化粧水を使っていれば保湿は大丈夫と思ってる方がほとんどだと思います。

しかしご自身の肌のコンディションが悪ければせっかくいい化粧水を使っていてもそれほど効果が期待できません。

これまでに説明した通り、肌の表面の角質層のケアが一番大事です。

ただ化粧水を肌にかけても体内の水分まで一緒に蒸発してしまう事があるそうです。

洗顔したばかりなのに肌が乾いた感覚に陥る時があるのはこれが理由だそうです。

今現在では色んな工夫がされた化粧水も開発されていますが肌のコンディションが悪ければなかなか潤い効果が浸透してくれません。

しっかり肌の水分をキープして潤った肌にしてくれる化粧水を選ぶ際は

NMF(天然保湿因子)であるアミノ酸と肌への親和性が高いヒト型セラミドを配合したものを選びましょう。

▽皮脂膜をケアするには

角質細胞にはアミノ酸、細胞間脂質にはセラミドが効果的と説明してきましたが

皮脂膜のケアには何が必要なんでしょうか?

皮脂膜のコンディションが悪ければせっかく肌の水分が豊富になってもすぐに蒸発してしまいます。

油分が必要な皮脂膜ですが、肌の質感や加齢などの個人差によりその油分の調整が難しいとも言われてます。

乾燥対策には化粧水が必要ですし皮脂膜をケアするための乳液やクリームなどの油分を含んだ化粧品とのコンビネーションが大事になります。

皮脂膜などの表皮や角質層は非常に傷つきやすいので強引に化粧品を塗り込むのはNGです。

◆化粧品に頼るだけでなく生活の改善を

いつも使用している化粧品では効果を感じることが出来ないという方はもう一度化粧品選びから始めてください。

化粧品CMなどでよく名前を聞くヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分は肌のもっと奥の真皮層にあり、肌の表面には存在してない物質なので

たしかに肌にとって重要な成分であるヒアルロン酸やコラーゲンですが、肌に直接塗ってもそれほど効果がないんです。

潤った肌を目指すなら直接塗って効果があるアミノ酸やセラミドが含まれた保湿化粧品を選びましょう。

化粧品も劇的な効果を期待するものではなく補助的な意味合いが強いです。

まずご自身の健康状態を整え肌のバリア機能や肌のターンオーバーが正常に働く状況にするのが

健康で綺麗な肌に近づく一番の近道です。

そして健康な肌状態にしてからご自身の肌のコンディションに合った

MF(天然保湿因子)や人型セラミドが含まれている化粧品を使えば潤った綺麗な肌を手に入れることができます。

コメントは受け付けていません。